第 65 段


 昔、が可愛がってお使いになる女で、禁色の着用を許された女がいた。大御息所と呼ばれていらっしゃた方の従妹であった。殿上の間にお仕えしていた在原氏の一族の男で、まだとても若かった男と、この女は深い関係になってしまった。男は年少ということで、女官の部屋に出入りすることを許されていた。男は、女の住む所に来て向かい合って座っていたから、女は「とても見苦しいことです。身を滅ぼしてしまいます。もうこんなことはやめて下さい」と言ったので、男は

  
思ふには忍ぶることぞ負けにける
   逢ふにしかへばさもあらばあれ

      あなたを慕う思いには、耐え忍ぶ心が負けてしまったのです
       あなたにお逢いするのと交換に、二人の身の破滅も構いません

と言って、女官部屋にお下がりになっていると、いつものようにこの部屋には、人が見ているのも平気で男が上がりこんで座っていたから、この女はつらい思いで実家に帰ってしまった。それで男は、これはかえって好都合だと思って、女のもとに行き通ったので、みんなはそれを聞いて笑った。

 その翌朝、主殿司の女官の見ている前で、男は外出していなかったように見せるために、沓を脱いで奥に投げ入れて殿上の間にのぼったのである。こうして見苦しい行為を繰り返しているうちに、自分もだめになってしまいそうになったので、遂には破滅してしまうに違いないと思って、この男は「
どうしたらいいだろうか。私のこんな心を直して下さい」と仏や神にもお願いしたけれど、ますます思いは募るばかりで、やはりどうしようもなく恋しく思われるだけだった。
 
 陰陽師や巫女を呼んで、恋はしないというお祓いの道具を持って出かけたのだった。お祓いをするにつれて、ますます悲しいことが何倍も増えて、今までよりもずっと恋しく思われたので、
 
恋せじと御手洗川にせしみそぎ
  神はうけずもなりにけるかな

      もう恋はしないと、御手洗川でしたみそぎを
       神は受けては下さらなかったよ、こんなに恋しいから

と言って帰った。

 この帝は、顔つきも姿もおきれいで、仏の名を心をこめて、とても尊い声でお唱えになるのを聞いて、女はひどく泣いた。「
こんな立派な帝にお仕えしないで、前世からの因縁が悪く悲しいことです。この男にからまれて」と言って泣いたのだった。

 こうしているうちに、帝がこのことを耳にして、この男を流罪にされたので、この女の従姉の御息所は、女を宮中から退出させて、蔵に閉じこめてしっかりと折檻をなさったから、女は蔵にこもって泣いている。
 
 あまの刈る藻にすむ虫の我からと
   音をこそなかめ世をばうらみじ

      海人の刈る、藻に住む虫のワラカレのように、我からしたことを
        声を出して泣くことはしても、あの人との仲は決して恨みません

と泣いていると、この男は、流刑の国から毎晩やって来て、笛をとてもきれいな音で吹いて、魅惑的な声でしんみりと歌うのだった。こういう訳だから、この女は蔵にこもったままで、あの男がいるようだとは聞くが、逢って見ることなどできないまま時が過ぎていった。
  
さりともと思ふらむこそ悲しけれ
   あるにもあらね身を知らずして

      それでもきっと逢えるだろうと、あの人が思っているのが、とても悲しいのです
        あってもなくても同じ様な、私の境遇を知らないで

と思って座っている。男は、女が逢わないので、このように、毎晩京に来ては笛吹き歌いながら、地方の国をさ迷ってこんな風に歌う。
  
いたづらに行きては来ぬるものゆゑに
   見まくほしさに津ざなはれつゝ

       空しく、行っては帰ってくるものなのに
        ただ逢いたいと思う気持ちに、連れ添われて

これは、水尾の帝の治世の時のことであろう。大御息所という方もいるが、染殿の后のことといい、また五条の后ともいう。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(66) 次段( 69 )
前の段 前段(64) 前段( 63 )
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO