第 63 段


 昔、男女の情を心得た女が、どうかして優しい情け深い男に逢えたらいいのになあと思うけれど、そんなことを言い出そうとしても機会がないので、空想の夢物語をでっち上げた。三人の子供を呼んで語したのだった。上の二人の子は、冷淡な返事をしただたけであとは知らん顔をした。三男であった子だけが、「きっと素敵な男性が現れるでしょう」と調子を合わしたので、この女は機嫌がとても良い。三男は「他の人ではとても思いやりがない。どうにかして、あの在五中将に逢わせたいものだ」と思う気持ちがあった。在五中将が狩をしてまわっているのに行って会った。途中の道で馬の口を取って、「これこれの訳でこう思っています」と言ったのを、在五中将は不憫に思い、女のもとに来て一緒に寝たのである。その後男は姿を見せなかったので、女は男の家に行って物陰からのぞき見したが、男はその姿をチラッと見て、
  
百歳に一歳たらぬつくも髪
   われを恋ふらしおもかげに見ゆ

      百歳に一歳足らないほどに年老いた、つくも髪の老婆が
       私を恋慕しているようだ、彼女の姿が目に見えるようだ

と言った。男が出かけようとする様子を見て、女は茨やカラタチの刺に引っかかりながら、あわてて家に戻って横になっている。男はその女がしたように、こっそりと外に立って見ていると、女は嘆き悲しんで寝ようとして、
 
 さむしろに衣かたしき今宵もや
   恋しき人に逢はでのみ寝む

       狭いむしろに、衣を敷いて今夜もまた
        恋しい人に逢わないで、一人で寝るだけなのだろうか

と詠んだのを、男は不憫に思い、その夜は女と寝たのである。男女の仲の習慣として、好きな人を好きになり、好きでない人は好きになれないのだが、この人は好きな人でも好きでない人、差別せずに相手を思いやる優しい心があったのだった。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(64) 次段 (65)
前の段 前段(62) 前段 (39)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO