第 66 段


 昔、男が摂津の国に、自分の領地があったので、兄弟や友達をひき連れて、難波の方に行った。波打ち際を見ると、舟が幾つもあるのを見て詠んだ。

 
 難波津をけさこそみつの浦ごとに
   これやこの世を海わたる舟

      難波津を、今朝初めて見たが、その御津の浦々に、浮かぶものがある
       これが海を、いや、この世を渡る舟なのです

 この歌にしみじみと心を打たれて、人々は帰ったのだった。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(67)
前の段 前段(65)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO