第 64 段


 昔、男がこっそりと契ることもしなかったので、女がどこにいるのか、不審に思って詠んだ。
 
 吹く風にわが身をなさば玉すだれ
   ひまもとめつゝ入るべきものを

       吹く風に、もしも私を変えことができるなら
        玉すだれのすき間を探し出して、入ることができるのに

 女の返し歌。
  
とりとめぬ風にはありとも玉すだれ
   誰が許さばかひもとむべき

       手に捕らえられない、風であっても
        玉すだれのすき間を、一体誰の許しで、探し出せるのでしょうか



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(65)
前の段 前段(63)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO