第 39 段


 昔、西院の帝という帝おいでであった。その帝の皇女で崇子という方がいた。その皇女がお亡くなりになって、御葬儀の夜、その宮邸の隣に住んでいた男が、御葬儀を見ようとして女車に女房たちと一緒に乗って出ていった。

 かなり長い時間待っていたが葬送車がなかなか出なかった。ただ泣くだけで終わりになってしまいそうだったが、その時、天下の好き者と評判の源至という人がいた。ただしこれも見物にきていたのだけれど、この男の乗った車を女車と見て近寄って来て、何かと気のあるそぶりをしているうちに、
は蛍を捕まえてきて女の車に放り入れたのだった。それを車に乗っていた女が、
 「この蛍の灯す火で私たちの姿を見られているかも知れない、この灯し火を消してしまおう」
ということで、乗っていた
あの男が歌を詠んだ。
  
出でていなばかぎりなるべみともし消ち
   年経ぬるかとなく声を聞け

      葬送車が出ていけば、もう皇女とはこれが最後でから蛍の灯し火は消して
        何年も経った思うほど、待っていたのですから、悲しく泣く声を聞いて下さいな

 あのが返した歌。
 
  いとあはれ泣くぞ聞ゆるともし消ち
    消ゆるものとも我は知らずな

       ほんとに気の毒なことです、あなたの泣く声が聞こえます
          灯し火を消したとおっしゃいますが、蛍の火は消えるものとは、私は思いませんが

 あの天下の好色男の歌にしては、平凡な歌であった。
 
源順の祖父なのである。これでは皇女のご葬儀も形無しである。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(40) 次段 (63)
前の段 前段(38) 前段 ( 9 )
ホームに戻る

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO