第 40 段


 昔、若い男が大変綺麗な女を好きになった。ところがおせっかい者の男の親がいて、深く愛しすぎるといけないと思って、この女を他所に放り出そうとした。しかし、そうはいっても、まだ追い出せないでいた。
 男は親に養ってもらう身分だったので、まだ思い通りのことが出来ないので、女を引き止める力がなかった。女の方も身分が低かったので抵抗する力もなかった。そうしているうちに恋慕の気持ちはいやがおうでも高まってくる。
 そこでとうとうある日突然に、親はこの女を放り出した。男は血の涙を流したけれども、引き止める術がない。女は人に連れられ出ていってしまった。男は泣く泣く詠んだのだった。
 いでていなば誰か別れのかたらぬ
  ありしにまさる今日は悲しも

     あの人が自ら出ていったのならば、誰も別れがつらいとは言わない
       昔にも辛いことがあったけれど、いったい今日の悲しみほどに、悲しいことがあるだろうか

と詠んで、バッタリと倒れて失神してしまった。
 親は大いに慌てた。何よりも我子のことを思ってあれこれ口出ししたのだが、まさか本当に死んでしまったとは信じられなかった。本当に気を失ってしまったから、狼狽して願を立てたのである。その日の日没の頃に気を失って、次の日の午後八時頃に、かろうじて息を吹き返したのであった。
 昔の若人は、こんな一途な愛を貫いたのである。今時の若くして年寄りの人に、果たして死ぬほどの恋が出来るだろうか。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(41)
前の段 前段(39)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO