第 18 段


 昔、半端な風流心を持った女がいた。男は女の近くに住んでいた。その女は歌を詠む人だったので、男の心を試してみようと思い、菊の花の色が変わっているのを折って、男の所におくる。
  
紅ににほふはいづら白雪の  
   枝もとをゝに降るかとも見ゆ 

     紅色が美しいところとは一体どこなのかしら
       白雪が枝もたわわになるほどに、降っているのかとも見えますが

 男は、素知らぬふりをして詠んだ。
   紅ににほふがうへの白菊は 
   折りける人の袖かとも見ゆ 

    紅色に美しい上に真っ白な白菊は
        これを折って下さった美しい方の袖の色かとも見えますが



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(19)
前の段 前段(17)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO