第 17 段


 もう何年も訪れてこなかった人が、桜の盛りに花見に来たので、その家の主人が詠んだ。
 あだなりと名にこそたてれ桜花
  年にまれなる人も待けり   

     すぐに行ってしまうという名で有名な桜の花は
       年に数えるほどしか来ないあなたでも、ちゃんと待っていてくれるのですよ

 返事の歌。
 
今日来ずは明日は雪とぞ降りなまし
  消えずはありとも花と見ましや  

   今日来なければ、明日は雪になって降ってしまうでしょう
      たとえ消えずに残っていたとしても、それを花として見られるでしょうかね



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(18)
前の段 前段(16)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO