第 19 段


 昔、男が、宮仕えしていた女のところで、女房であった人と深い仲になっていたが、暫くして男は行かなくなってしまった。同じ所に務めていたので、女の目には男の姿が見えるものの、男は女を無視しその存在すら否定しようとしている。女は
  
天雲のよそにも人のなりゆくか 
   さすがに目には見ゆるものから 

       天雲のように、あなたは遥か遠くのものになって行ってしまうのですね
        そうはいうものの、私の目にはあなたのお姿が見えているのですよ

と詠んだので、男は歌を返した。
  
天雲のよそにのみして経ることは
   わが居る山の風はやみなり 

       天雲が、あなたから遥か遠くにしかいないのは
        私がいつもいる山の、風が激しくて近づけないからです

と詠んだのは、他に男がいる女だからだ、ということだった。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(20)
前の段 前段(18)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO