第 121 段


 昔、男が、梅壺御殿から雨に濡れて人が退出するのを見て歌を贈った。
  
鴬の花を縫ふて笠もがな
   ぬるめる人にきせてかへさむ

      鴬が梅の花を縫って作るという、花の笠があったなら
        雨に濡れた様子のあなたに、それを着せてお返ししようかな

女の返し歌。
  鴬の花を縫ふてふ笠はいな
   おもひをつけよ乾してかへさむ

      鴬が梅の花を縫って作るという、花の笠は要りません
        あなたの思いの火を灯けて下さいな、それで私の衣を乾かして、今度は私の火をお返ししましょう



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(122)
前の段 前段(120)

ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO