第 120 段


 昔、男が、まだ男女の経験のない女性が、ある人の所にこっそりと通って契りを交わしていると噂が立った後、暫くして詠んだ歌。

  
近江なる筑摩の祭とくせなむ
   つれなき人の鍋のかず見む

      近江にある筑摩神社のお祭りを、はやくしてもらいたいものです
        私には素知らぬ顔の、冷たいあなたが被る、鍋の数を見てみたいからです



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(121)
前の段 前段(119)

ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO