第 122 段


 昔、男が、約束を破った女に、

  
山城の井出のたま水手にむせび
   頼みしかひもなき世なりけり

      山城にある、井出の玉水を手にすくって、飲んだけれど
        頼みにした甲斐もない、二人の仲でした

と言い送ったが、女は返事もしなかった。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(123)
前の段 前段(121)

ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO