第79段千ひろあるかげ
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第79段

 昔、在原氏一族の中に、親王がお生まれになったことがある。御産屋で全員の人々が歌を詠んだ。親王の御祖父の血縁者の老人が次の歌を詠んだ。
 
 我が門に千尋ある陰を植えゑつれば
    夏冬たれか隠れざるべき

      我が家の門に、千尋もの長さの陰のある竹を植えてあるので
        夏も冬も、誰が竹の下に隠れないものがあるでしょうか、みんなそのお蔭をこうむるでしょう

これは貞数の親王のことである。当時の人は中将業平の子だと噂した。業平の兄の中納言行平の娘がお生みした親王である。



原 文         解 説

ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO