第80段おとろへたる家
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第80段

 昔、家勢の衰えた家に、藤の花を植えていた人がいた。藤の花が、三月の末頃に風流に咲いていた雨がシトシトと降っていたが、ある人の所に歌を詠んで献上しようとして詠んだ。

  
ぬれつゝぞしひて折りつるふぢのはな
    春は今日をしかぎりと思へば

      雨に濡れながら、藤の花を折りました
       春は今日が咲くのが最後だ思っているので
これも前と同じ藤原基経のことだという。



原 文         解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO