第78段山科の宮
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第78段

 昔、北家の娘というお方がおいでになった。その方がお亡くなりになった後に、四十九日の御法要を安祥寺で行なった。右大将の藤原常行という人がいらっしゃった。その御法要に参拝なさって、その帰りに、山科の禅師の親王のおいでになる。その山科の宮に、滝を落し、水を流させたりして、趣深く造った邸に、参上なさって、「長年、他所でお仕えいたしていまして、間近でまだお仕えいたしていません。今夜はここに控えたいと思います」と親王に申しあげなさる。親王は喜びになり、夜の御敷物を用意をおさせになる。そうしているうちに、その大将が御前から下がっていろいろと工夫をめぐらすには、「親王にお仕えする初めに、ただ何もしないではいられない。父の三条の邸に大行幸があった時、紀の国の千里の浜にあった、大変見事な石を献上したことがありました。ところが大行幸の後で献上したので、不要になってしまいある人の部屋の前の溝に置いておいたのだが、この親王は泉水や築山のしゃれた庭を好みなさる人だったので、この石をこの御室に献上しよう」とおっしゃって、御随身や舎人に命じて石を取りにこさせた。まもなく石を持って帰って来た。

 この石は前に聞いたよりは目で見るほうがずっとすぐれていた。「これをそのままで差し上げるのでは何ともつまらないだろう」ということで、お供の人みなに歌をお詠ませになる。右の馬頭であった人が、石の表面の青い苔を刻んで蒔絵の模様のように、石にこの歌を付けて献上したのだった。
  
あかねども岩にぞかふる色見えぬ
   心を見せむよしのなければ

      満足していないけれども、岩に私の気持ちを代えさせます
        色には見えない私の心を、お見せする術がございませんので
と詠んだのであった。昔の人の相手を思う気持ちは、本当にこのようであったのである。



原 文         解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO