第20段楓のもみぢ
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第20段

 昔、男が大和に住んでいる女を見て、求婚して一緒になった。そうしてしばらく経ってから、男は宮に仕える人だったので、大和から京に帰ってくる道で、時は三月の頃、かえでの紅葉がとても美しいものを見て、女のところに道すがら詠んでおくった。
  君がため手折れる枝は春ながら
    かくこそ秋の紅葉しにけれ

      あなたのために折ったこの枝は、まだ春だというのに
        こんなにも秋の紅葉のように、きれいに染まっているよ
と言って送ったところ、返事は京に着いてから持ってきたのだった。
 いつの間に移ろふ色のつきぬらむ
  君が里には春なかるべし
      いつの間に、移り変わる色が、ついてしまったのかしら
        あなたがのいらっしゃる所には、春がなくて当然です



原 文         解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO