第133段(撫子)
 ・・・阿波国文庫本

異本章段 異9段 【I】

  昔、男がとても相手にしてもらえないような女を、恋い偲んで、

  
我が宿にまきしなでしこいつしかも
   に咲かなむよそへつつ見む

       私の家に蒔いた撫子がいつ咲くのでしょうか 
         春に花咲けと、恋しい人の代わりに眺めています

原 文
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO