第132段(虫の音)
 ・・・阿波国文庫本

異本章段 異14段 【N】

  昔、恋煩いに落ちた男が、目を覚まして外の方を見ながら横になっていると、庭の植え込みの中で、虫が鳴く声々が聞こえてきたので、詠んだ。

 
 かしがまし野もせに集く虫の音や
   我だにものはいはでこそ思へ

        やかましいものだ。野原一杯に集まって鳴く虫の音よ
          私だってものも言わずにじっと耐えているのだから、もっと思いやってくれてもいいものを

原 文
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO