第134段(朝影)
 ・・・阿波国文庫本 
  最終段 

異本章段 異13段 【M】

  昔、男がいた。ちょっと無理な恋を思い極まって、ある女のもとに歌を贈った。

  
夕月夜あかつきがたの朝影に
   わが身はなりぬ恋のしげきに

          夕方出る月よ、私の体は朝日に映る細長い影のようになってしまいました
             あなたを恋い焦がれたためなのです


奥付
     この本は朱雀院の塗籠に、かや紙に書いてある
    のを、自ら、聞いたこと書き写したものです。

     
 高二位に住まいの注にも、このように
        書いたとあったけれども、
     又、あの業平の、自らの手で書いた本は、
     別に在るということを、書き添えたということである。

     
 また、賀茂神社の女官が書いたともいう。
      
確かな本たちである。
底本 片桐洋一編 「伊勢物語 異本対照」の
     『阿波國文庫旧蔵本』部


原 文
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO