第 86 段


 昔、とても若い男が、若い女と知り合い愛しあうようになった。しかし各々が親の庇護のもとにあったので、親に遠慮して交際が中途半端で終わってしまった。何年かしてから女の所に、やっぱり女への愛情を貫こうとおもったのか、男は歌を詠んでおくった。
 
今までに忘れぬ人は世にあらじ
   おのがさまざま年の経ぬれば

     今の今まで、昔のことを忘れないでいる人は、この世にはいないでしょうね
      お互いに、それぞれに過ごして、もう何年も経ってしまいましたからね

と詠んで、そのまま終わってしまった。
 男も女も、全く同じ所に宮仕えしていたのでこうしたのだった。 




原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(87)
前の段 前段(85)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO