第 5 段


 昔、男がいた。その男は東の五条辺りに、密かに人目を忍んで通ったのである。秘密の場所だったので、門からはとても入ることはできず、子供達が踏んで開けた土塀が崩れた所から通ったのだった。
 人がそう出入りする所でもなかったけれど、何度も何度も男が通ったものだから、とうとう家の男主人が聞きつけて、その通い路に、夜毎に見張り番を張り付けて警備したので、男は行っても全く逢うことができずに帰るしかなかった。
 そうして詠んだ歌は、
   人知れぬわが通ひ路の関守は
    宵々ごとにうちも寝ななむ

   人の知らない私だけの通い路の関守は
     毎晩毎晩束の間だけでも寝てほしいものだ

というものだったので、女性はひどい悲しみで心を痛めた。そしてとうとう主人は男が通うのを許したのだった。
 これは二条の后に人目を忍んで通ったのだけれど、世間に噂がたったので、后の兄弟たちが警護したのだということである。




原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(6) 次段 ( 6 ) 次段 ( 6 )
前の段 前段(4) 前段 ( 3 ) 前段 ( 4 )

ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO