第 4 段


 昔、京の東の五条に皇太后宮がいらしたが、その邸の西の対に住んでいる女性がいました。 とんでもないこととは思いながらも、愛の深き人が何度も通ったけれど、その女性は正月の十日頃に、別の所に姿を隠してしまったのです。 その場所は聞いて知ってはいたが、とても普通の人が行き来できるような所ではなかったから、一層苦しい思いをしながら日を送っていたのでした。 翌年正月の梅の花盛りの頃に、去年の今頃を恋いしくなって東の五条に行き、立っては見、座っては見、いくら辺りを見てみても、去年とは似ているはずもありませんでした。 泣きながら泣きながら、荒れ果てた板敷に、月が西に傾くまで横になって、去年を思い出して歌を
 月やあらぬ春や昔の春ならぬ
  わが身は一つもとの身にして
     月は昔のままの月ではないように、春は昔のままの春ではない
      ああ、私だけが昔のままの私である

と詠んで、夜がわずかに明るくなってきた頃、泣く泣く帰ったのでした。



原 文        解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(5) 次段 ( 5 ) 次段 ( 5 )
前の段 前段(3) 前段 ( 3 ) 前段 ( 3 )
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO