第 47 段


 昔、男が一途に何とかして逢いたいと思う女がいた。しかし女は、この男を浮気者だと聞いて、冷淡さだけが増した歌を詠んで送ってきた。
 
大幣(おおぬさ)と名にこそ立てれ流れても 
  終に寄る瀬はありといふものを

     あなたは大幣のように、いろんな女の所に通ったて、引く手数多(あまた) になってしまいましたから
      あなたを好きだと思っても、頼りにすることはできません

 返しの歌を男が詠む。 

  
大幣の引く手あまたになりぬれば
   思へどこそ頼まざりけれ

      大幣という名は評判なのですが、流れ着いたその果てに
        最後の瀬は、あるというのに



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(48)
前の段 前段(46)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO