第 46 段


 昔、男にはとても誠実な友人がいた。一時の間でも離れることなく親しくしていたが、地方の国に行くことになって、大変悲しく思って別れたのだった。月日が経って、その友人が送ってきた手紙に、 

 「驚くほどに、あなたに逢えないまま月日が経ってしまいました。もうお忘れになってしまったのではなかろうかと、とても心細く思っています。世間の人の心というものは逢わないでいると忘れてしまうもののようですが。」

と書いてあったので、歌を詠んで送った。

 
目離るともおもほえなくに忘らるゝ
  時しなければ面影にたつ

     あなたにお逢いしないでいるとは、私には思えません
      忘れてしまう時がないので、あなたの姿がはっきりと見えます



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(47)
前の段 前段(45)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO