第 48 段


 昔、男がいた。送別の宴をしよとうして、人を待っていたが来なかったので、
  
今ぞ知る苦しきものと人待たむ
    里をば離れず訪ふべかりけり

      今初めて苦しいものだと知りました
          人を待っている里を、絶えず訪れなくてはいけないと

と詠んだ。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(49)
前の段 前段(47)
ホームに戻る
SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送