異 12 段 【 L 】


  昔、在原行平という人がおいでになった。女のところに歌を贈った
  
思ひつつをればすべなしむば玉の
   夜になりなば我こそゆかめ

          あなたを思い続けていると、目の前が真っ暗でどうしようもありません
             夜になったら私のほうが行きますよ

女の返し歌。
  
来ぬ人をいまもや来ると待ちし夜の
   名残に今日も寝られざりけり

        ちっとも来ない人を、今か今かと来るのを待っていた夜の
           辛さが残って、今夜も寝られないでいました

(小式部内侍本)


  異本 狩使本  
次の段 次段(異13) 次段(異13)
前の段 前段(異11) 前段(異11)
原 文
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO