異 13 段 【M】


  昔、男がいた。ちょっと無理な恋を思い極まって、ある女のもとに歌を贈った。

  
夕月夜あかつきがたの朝影に
   わが身はなりぬ恋のしげきに

          夕方出る月よ、私の体は朝日に映る細長い影のようになってしまいました
             あなたを恋い焦がれたためなのです

(阿波文庫本)


  異本 狩使本  
次の段 次段(異14) 次段(109)
前の段 前段(異12) 前段(異12)
原 文
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO