異 11 段 【 K 】


  昔、男が何ということもない所に行って、夜が明けてから帰るのを、その家の人々がああだこうだと騒いだので、男は詠んだ。

  月しあれば明けむものとは知らずして
   夜ぶかく来しを人見けむかも

         月が出ていたから、もう夜が明けるとは知らないで、
           まだ夜中のつもりで帰って来た私を、人が見たのかもしれないな
 

(泉州本)


  異本 狩使本  
次の段 次段(異12) 次段(異12)
前の段 前段(異10) 前段(異9)
原 文
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO