第 21 段


 昔、男と女が、相思相愛の深い仲で浮気をしようなどという気は全くなかった。しかし一体どんな理由からか、ほんの些細なことから、女は男との仲が嫌になって家を出て行こうと思い、こんな歌を詠んで物に書きつけた。
  いでていなば心かるしと言ひやせむ
   世のありさまを人は知らねば

       家を出ていったら、軽薄な人だと言うだろうか 
       二人の仲がどんなふうなのか、人は知らないのだから
と詠み置いて出ていってしまった。男は、この女がこんな風に書き置いた訳が分からず、心あたりも全くない。一体何が原因でこのようなことになってしまったのかと、オイオイと泣いて、どっちの方角に探しにいけばいいだろうかと、門に出てあっちを見こっちを見、あたりを見回したけれど、どこを目標にすればいいのかも分からなかったので、
  思ふかひなき世なりけり年月を
   あだに契りて我や住まひし

     愛した甲斐もない二人の仲だったよ。この長い年月をいいかげんな気持ちで、
       私は共に過ごしてきただろうか

と言ってボオッと外を眺めるばかりだった。
  人はいさ思ひやすらむ玉かづら
   面影にのみいとゞ見えつゝ

      さあ、あの女はどうなんだろうか、私の事を思っているだろうか
         私にはあの女の美しい面影だけが、何度も何度も目の前にあらわれる

 この女が、かなり時が過ぎてから、反省したのだろうか、歌を詠んで送ってきた。
  
今はとて忘るゝ草のたねをだに
   人の心にまかせずもがな

      もうこれっきりよと、私を忘れる草の種だけでも
         あなたの心に、蒔かせたくはないものです

 男の返しの歌、
   忘草植うとだに聞くものならば
    思ひけりとは知りもしなまし

        私を忘れる草を、植えるとでも聞いたならば
           私を忘れないでいたのだと、知りもしように

 更にまた、前よりもずっと激しく歌を詠み交すようになって、男は詠む。
   
忘るらむと思ふ心のうたがひに 
    ありしよりけにものぞかなしき

       あなたが私を忘れているのだろうと思うと
         心の疑いのために、前よりもずっとずっと物悲しい

女の返し歌、

  中空に立ちゐる雲のあともなく 
   身のはかなくもなりにけるかな

      大空の真ん中に広がっていた雲も、いずれ跡形なく消え去るように
         わが身は取るに足りないものになってしまった

と、言ったのだけれど、各々別の人と一緒になったので、二人の仲はうやむやになってしまった。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(22)
前の段 前段(20)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO