異 7 段 【 G 】


  昔、男が、奈良の京に、知りあいの人を訪ねて行ったときに、友人のところには便りをだして知らせておいて、手紙を出していなかった女に歌を詠んだ。

  
春の日の至り至らぬことはあらじ
   咲ける咲かざる花の見ゆらむ

        春の日が照ったり照らなかったりすることはないでしょうに
           どうして咲いたり、咲かなかったりする花があなたに見えるのでしょうか。
             (昔、春日の里であなたにお渡しした狩衣の端のように、私の訪問を咲く花のようにお迎え下さいな)

(泉州本)


  異本 狩使本  
次の段 次段(異8) 次段(異8)
前の段 前段(異6) 前段(異6)
原 文 ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO