異 8 段 【 H 】


 昔、男が初めて裳を着た女を心にかけて、歌を詠んで贈った。

  
あまたあらばさしはするとも玉くしげ
   あけむ折々思ひいでなむ

     沢山お持ちになっているかんざしを、お挿しになることもあるでしょうが
      くし箱を開ける時にはいつも、お贈りしたこのかんざしを見て私を思いだして下さい

(泉州本)


  異本 狩使本  
次の段 次段(異9) 次段(71)
前の段 前段(異7) 前段(異7)
原 文
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO