異 6 段 【F】


  昔いた、色事の好きだった女が、自分に飽き気がさしてきた男のところに詠みおくった。
 
 今はとて我に時雨の降りゆけば
   言の葉さへぞうつろひにける

        今は秋、私にも飽きがきて、時雨が降ってきて
          木の葉だけでなく言葉までも古びて色あせるてしまいますの

男の返し歌、
 
 人を思ふ心の花にあらばこそ
   風の間に間に散りもみだれめ

       あなたを思う私の心が、すぐ色あせる花のようなものであるならば
           吹く風のままに、散り乱れることでしょうけど、そんなことはありませんよ

(泉州本)



  異本 狩使本  
次の段 次段(異7) 次段(異7)
前の段 前段(異5) 前段(36)
原 文 ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO