第 36 段


 昔、「もう私をお忘れなのかしらねえ」と問いかけてきた女の所に、歌を贈った。

  
谷せばみ峯まではへる玉かづら
   絶えむと人にわが思はなくに

     谷が狭いから、山の峯までずっと生えている、玉かづらのように
       あなたととの仲が絶えようと、私は決して思っていないのに



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(37) 次段(異6)
前の段 前段(35) 前段(異5)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO