第 119 段


 昔、女が、不誠実の男の思い出の形見として、残して置いていった品々を見て詠んだ歌。

  
かたみこそ今はあだなくこれなくは
   忘れるゝ時もあらまほしきものを

      この形見の品々こそ、今はかえって苦しめるのです
        これさえなければ、あの人を忘れる時が、あるかも知れないものを



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(120)
前の段 前段(118)

ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO