第81段塩竈
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第81段

 昔、左大臣が、賀茂川のほとりの六条の里に類まれな邸を造って住んでおられたという。十月の末菊の花美しく色変わりしているときに、親王たちにおいでいただいて酒を飲み管弦を楽しんで、夜も次第に明けてゆく時に、この邸のすばらしい風流をほめる歌を詠んだ。すると、そこにいたみすぼらしい老人が、板の間の下に這いずり回って、人々にみんな詠み終わらせた後、


  
塩釜にいつか来にけむ朝凪に
    釣りする海女のこゝによらなむ

      塩釜に、いつの間に来てしまったのか
       朝凪の海で釣りをする海女は、この庭に寄ってほしいものです

詠んだのは、陸奥の国に行ったことがあったのだが、不思議に風景のよい所が一杯あったからであった。若い帝が治める六十余国の中に、塩釜に似ている所は、他にはないほど素晴らしかった。そういう訳で、この老人はことさらにここを誉めて、「塩釜にいつの間に来てしまったのか」と詠んだ



原 文         解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO