第 80 段


 昔、家勢の衰えた家に、藤の花を植えていた人がいた。三月の末頃のその日は雨がシトシトと降っていたが、ある人の所にその藤を折って差し上げようとして詠んだ。

  
ぬれつゝぞしひて折りつる年のうちに
   春はいくかもあらじと思へば

      雨に濡れながら、この花を折りました
       今年のうちに、春はもう何日もないと思いますので



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(81)
前の段 前段(79)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO