第22段千代を一夜
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第22段

 昔、男がいたが、つまらないことが原因で二人の仲が絶えてしまったが、まだ忘れられなかったとみえて、女の所から、
 
憂きながら人をばえしも忘れねば
   かつ恨みつゝなほぞ恋しき

    つらいことに、あなたのことがどうしても忘れられないのです
      同時に恨みは募るのですが、やっぱり恋しいのです

と言ったところ、「ほら、思った通りだよ」と言って、男は、
  
あひ見ては心ひとつをかは島の
    水の流れて絶えじとぞ思ふ

     お互い愛しあった仲だから、これからは心もひとつに交わして、川島を
       めぐる水の流れが絶えないように、あなたとの仲は絶えないと思います

とは言ったけれど、結局その夜、いそいそと彼女のもとに出かけて行った。過去や将来のことをあれこれ話しあって詠んだ。
  秋の夜の千夜を一夜になずらへて
    八千夜し寝ばや飽く時のあらむ

     長い秋の夜の、千夜を一夜とみなして
       八千夜一緒に寝たならば、満足する時があるだろうか

 女の返歌。
  秋の夜の千夜を一夜になせりとも
   ことば残りて鳥や鳴きなむ

      長い秋の夜の、千夜を一夜にしたところで
       二人の話しもまだ終わらないうちに、鶏が鳴いてしまうでしょう

 男は以前よりも愛しくなって、女のもとに通うのだった 。



原 文         解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO