第 98 段


 昔、太政大臣という方がいらっしゃった。その方にお仕えしている男が、九月頃に、梅の造枝に雉をつけて差し上げるということで、
  わがたのむ君がためにと折る花は
   ときしもわかぬものにぞありける

       私がお頼りにしている、あなた様のためにと、折るこの梅の花は
         時もわきまえないで、こんな季節に咲いていますので

と詠んで差し上げたので、大変面白がって、使いの者に褒美を下さったのだった。




原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(99)
前の段 前段(97)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO