第 99 段


 昔、右近の馬場の騎馬の試射のあった日に、向かい側に立ててあった車に、女の顔が、下簾からうっすらと見えたので、中将であった男が詠んで送った。

  見ずもあらず見もせぬ人の恋ひしくは
   あやなくけふやながめ暮さむ

        全く見ないのでもなく、はっきり見たのでもない人が恋しくて
          訳もわからずに今日は、物思いにふけながら一日を、過ごすのでしょうか

女の返歌。

  知る知らぬ何かあやなくわきていわむ
   思ひのみこそしるべなりけれ

      知っているとか知っていないとか、何の訳もなく、区別して言えるのでしょうか
        ただ恋しい思いだけが、恋の道標なのですよ

その後、この女が誰であるか知ってしまった。



原 文         解説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(100) 終段(107)
前の段 前段( 98 ) 前段( 97 )

ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO