第 81 段


 昔、左大臣がおいでになった。賀茂川のほとりの六条のあたりに、邸を大変風流に造って住んでおられた。十月の末頃、菊の花が美しく色変わりしている上に、紅葉が千種もの色ほどに見事に見える折、親王たちにおいでいただいて、一晩中酒を飲み管弦を楽しんで、夜も次第に明けてゆく頃に、この邸のすばらしい風流をほめる歌を詠んだ。すると、そこにいたみすぼらしい老人が、台敷きの下に這いずり回って、人々がみんな詠み終わるのを待って、


  
塩釜にいつか来にけむ朝凪に
   釣りする舟はこゝによらなむ

      塩釜に、いつの間に来てしまったのか
       朝凪の海で釣りをする舟は、この庭に寄ってほしいものです

と詠んだのは、昔、陸奥の国に行ったことがあったが、不思議に風景のよい所が一杯あったからであった。我が国六十余国の中に、塩釜に似ている所は、他にはないほど素晴らしかった。そういう訳だからこそ、この老人はことさらにここを誉めて、「塩釜にいつの間に来てしまったのか」と詠んだのである。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(82)
前の段 前段(80)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO