第 76 段


 昔、二条の后がまだ春宮御息所といわれていた時、藤原氏の氏神に御参拝になる折に、近衛府にお仕えしていた老人が、お供の人たちが褒美を戴くついでに、御息所の御車から直に戴だいて、詠んで奉った。

 
 大原やをしほの山も今日こそは
   神代のことも思ひいづらめ

     大原の小塩の山も、今日のこの日こそは
      先祖の神が、遠い神代の昔のことも、思い出していることでしょう

と言って、老人は心の中で、業平と高子との昔の恋を悲しいと思っただろうか、どのように思っただろうか、それは分からない。




原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(77) 次段( 77 ) 終段( 95 )
前の段 前段(75) 前段( 69 ) 前段( 29 )
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO