第 29 段


 昔、春宮の女御の御屋敷の花の宴賀に、呼び出された時に詠んだ歌。

  
花に飽かぬ嘆きはいつもせしかども
   今日の今宵に似る時はなし

      花をいくら眺めても、飽き足りないという、嘆きをいつもしたけれど
        今日の今夜と、同じ思いをした時はありません
  



原 文         解 説


   定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(30) 次段 (76)
前の段 前段(28) 前段 ( 6 )
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO