第 67 段


 昔、男が気ままな旅に、気心知れた親しい者同士と連れ立って、和泉の国に二月頃に行った。河内の国の生駒山を見ると、曇ったり晴れたり、立ち上がったり立ち込めたりする雲が次々にやって来る。朝から曇っていて、昼には晴れた。雪がとても白く木の梢に降っている。それを見て、さっきの一行の人たちのなかで唯一人歌を詠んだ
 
昨日けふ雲のたちまひかくろふは
  花のはやしを憂しとなりけり

     昨日も今日も雲が立ち舞って、山がずっと隠れていたのは
      白い花のような雪の林を、人に見せたくないと、思ったからです



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(68)
前の段 前段(66)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO