第 53 段


 昔、男が簡単に逢えない女にやっとのことで逢って、寝物語しているうちに、一番鶏が鳴いたので、詠んだ。

 いかでかは鶏の鳴くらむ人知れず
  思ふ心はまだ夜深きに

     どうして鶏は鳴くのだろう、人知れず
      あなたを思う私の気持ちは、まだ深い夜中だというのに

 


原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(54)
前の段 前段(52)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO