第 54 段


 昔、男が冷淡な女に言って贈った。

 行きやらぬ夢路を頼む袂には
  天つ空なる露や置くらむ

     決して到着できない夢路を、頼りとする私の袂には
      天空の露を置いたのでしょうか、涙でぐっしょり濡れています



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(55)
前の段 前段(53)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO