第 24 段


 昔、男が片田舎に住んでいた。男は宮中に仕えに行くというので、別れを惜しんで行ったまま、三年も帰って来なかった。
 女は待ちくたびれて、とても熱心に言い寄る別の男が「今夜結婚しよう」と約束したその晩に、この男が帰ってきたのだった。男は「この戸を開けて下さい」と叩いたけれど、女は開けないで歌を詠んで差し出した。

  
あらたまの年の三年を待ちわびて
   たゞ今宵こそ新枕すれ

    新玉の年の三年を、私は待ちくたびれて、丁度今夜
      新しい夫と、新枕を交わすのです

と詠んだので、

  梓弓ま弓つき弓年を経て    
   わがせしがごとうるはしみよせ

     梓弓・真弓・つき弓のように、幾月を経て
        私かあなたにしたように、新しい夫をどうか大切にして下さい

と言ってその場を去ろうとしたから、女は、

  梓弓引けど引かねど昔より
   心は君に寄りにしものを

     梓弓を引くか引かぬか、どうでもいいのです
       ずっと前から私の心は、あなたを深く思っておりましたものを

と言ったけれど、男は帰ってしまった。
 女は非常に悲しくて、男の後を追いかけて行ったけれど追いつくことができず、清水の湧く所で倒れてしまった。そこにあった岩に、指の血で書き付けたのである。

  

  あひ思はで離れぬる人をとゞめかね
   わが身は今ぞ消え果てぬめる

      逢って愛して下さらないで、離れるあなたを、引き留めることができず
       私の身は、今ここで、消え果ててしまうようです

と書いて、そこで息絶えてしまった。
 
 


原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(25)
前の段 前段(23)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO