第 23 段


 昔、田舎暮らしをしていた人の子どもたちが、井戸まわりに出て遊んでいたが、二人とも大人になって、男も女も顔を見るのを恥ずかしがっていたけれど、男はこの女こそ妻に得たいと思い、女はこの男を夫にと思っていたから、親が違う人と一緒にさせようとしてもいうことを聞かなかった。こんなふうにして、この隣の男からこう言ってきた。
  
筒井つの井筒にかけしまろがたけ
   過ぎにけらしな妹見ざる間に

      筒井の井筒で計った、私の背丈は
        愛しいあなたと逢わないあいだに、もう井筒をすぎてしまったようです

女の返しの歌は、
 くらべこしふりわけ髪も肩過ぎぬ
  君ならずして誰かあぐべき
    あなたと比べあってきた、私のふりわけ髪も、肩をすぎてしまいました
     あなた以外の一体誰のために、この髪を結い上げましょうか

 などと言いあって、とうとう望み通りに結婚したのだった。そうして数年後、女の親が亡くなり生活が苦しくなるにつれて、「夫婦二人が、こんなしてふがいない生活をしていていいものか」ということで、男は河内の国高安の郡に通っていける所ができたのである。

 そんなことになってしまったけれど、この元の女は嫌な顔一つ見せることなく、男を送り出したのである。男はひょっとして他に心寄せる男がいるので、こんなに平気でいられるのだろうかと疑い、植え込みの中に隠れて、河内に出かけた振りをして見ていると、この女は大変奇麗に化粧して、悲しそうに外を眺めて、

 風吹けば沖つ白浪龍田山(しらなみたつたやま)
  夜半にや君がひとり越ゆらむ

    風が吹くと、沖の白波が立つという龍田山を
       今夜はあなたが、たった一人で越えて行くのでしょう

と詠んだのを聞いて、男は非常に愛しいと思い、とうとう河内へも行かなくなってしまった。時々あの高安に男が来て見ると、女は最初は奥ゆかしい体裁を繕っていたが、今ではすっかり打ち解けて、自分の手でシャモジを取ってご飯の器に盛っていたのを見てしまった。男はすっかり興醒めして行かなくなってしまった。それでかの高守の女は、大和の方を眺めて
 
君があたり見つゝを居らむ生駒山
  雲な隠しそ雨は降るとも

     生駒山よ、あなたがおいでの辺りを、じっと見て居たいと思うのです
        雲よどうか隠さないで下さいな、雨が降っても

と詠んで外を眺めていると、ようやく大和の男が「来るよ」と言った。喜んで待ったのだが、幾度も空しく過ぎてしまったので、
 君来むと言ひし夜毎に過ぎぬれば
  頼まぬものゝ恋ひつゝぞ経る

     あなたが来るよと言ってから、毎晩毎晩空しく夜が過ぎてしまうから
        もう当てにはしないけれど、恋しい思いで過ごしています

と詠んだけれど、男は通ってこなくなってしまった。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(24)
前の段 前段(22)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO