第 123 段


 昔、男がいた。深草に住んでいた女を、だんだんと飽きてきたのだろうか、こんな歌を詠んだ。

 
 年を経てすみこし里を出でていなば
   いとゞ深草野とやなりなむ

      何年も一緒に、住んで来たこの深草の里を、私が出て行ったならば
        なお一層深い草の野と、なってしまうでしょう

女は、歌を返した。

  
野とならば鶉となりて鳴きをらむ
   狩だにやは君はこざらむ

      草深い野となってしまったならば、私は鶉となって鳴き続けましょう
        例えかりそめであっても、あなたは狩に来ることもあるでしょうからね

と詠んだのに感心して、出て行こうと思う気持ちがなくなってしまったのだった。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(124)
前の段 前段(122)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO