第 116 段


 昔、男がブラブラと奥州までさ迷いながら行った。京に恋しく思う人の所に詠みおくる。

 
 浪間より見ゆる小島の浜びさし
   ひさしくなりぬ君に逢ひみで

      浪間から見える、小島の浜びさしは
        あなたにお逢いしないで、もう随分と久しくなってしまいましたね

  「何事も皆好転して、うまくいくようになりました」と言って送ったのでした。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(117) 次段(異2)
前の段 前段(115) 前段 (117)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO