第 108 段


 昔、女が男の心を怨んで、
 
 風吹けばとはに浪こすいはなれや
   わが衣手のかわく時な

         風が吹くと、いつも波が越す岩なのでしょうか
           わたしの袖は、乾く間もございません

と、いつもの口癖のように言っていたのを、それは自分を恨んでいるのだなと聞いた男が、詠んだ。
  
よひ毎に蛙のあまた鳴く田には
   水こそまされ雨は降らねど

         毎夜毎夜、蛙が沢山鳴く田んぼには、
           雨は降らないのに、蛙の涙で水かさが増えます

  



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(109)
前の段 前段(107)

ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO